保険が使えるからカントン包茎治療の値段は安く済む

包茎と一口に言っても全部で3種類程あり、その内訳は仮性包茎と真性包茎、カントン包茎になります。カントン包茎の場合は放置しておくと、日常生活を送る上で問題がありますので手術の必要が出て来ます。ただし保険適用での手術がOKとなりますので、手術の内容にもよりますが、3割負担の手軽な値段で実施してもらえます。

ちなみに、真性包茎の方も同様ですが、今回はカントン包茎の詳細や保険適用手術と値段、後は病院を選ぶ場合のコツ等に関して、要点を3つに絞って述べていく事とします。カントン包茎であり、これからどうしたら良いのか迷いがある様な場合は、興味がある項目に目を通してみて下さい。

カントン包茎を含めた各包茎の特徴について。

男性器は通常は亀頭が出て来る物ですが、包皮が何らかの形で亀頭に被ってしまい、そこに何らかの問題が出て来る症状の事を包茎と言います。まず、仮性包茎は「皮を剥こうと思えば剥けるタイプ」と考えて下さい。

このタイプは医師によって手術の必要性は意見が分かれたりもしますが、日常生活や性生活で即問題になる様な事は無いです。保険適用の手術も、即問題が起きる事が無いという事で適応外という事になります。

対して、真性包茎の方は「本格的に亀頭から包皮を剥がせないタイプ」です。無理矢理やろうとすれば、出血や痛みが伴ったりしますので、これは保険適応で手術が可能になります。場合によっては、排尿障害を伴う事だったり、包皮内で何かの病気が出る様な事もあり、放置するには色々な意味で問題があるからです。

そして、最後のカントン包茎は中途半端に皮を被った状態の包茎になります。場合によっては亀頭を余った皮が締め上げてしまい、亀頭が鬱血してしまったりもしますので、これも保険適応で手術が可能です。ただし、保険適応の手術の場合は、最低限の機能的な問題を解決する手術となりますので、見た目だったり、より繊細な手術をしてほしい様な場合は保険適応外の手術を模索するのも1つの選択肢です。

手術をする場合は、どの診療科が妥当ですか?

基本的には泌尿器科の手術になり、そこで受けられる手術は環状切除法になります。包茎関係の基本的な手術であり、回復までの時間も差して掛かりません。ただし、デメリットとして傷跡が残る可能性はありますし、場合によっては性器がツートンカラーになってしまう事もあります。気にするか否かの面も多いですが、あるいは包茎関係に何らかのコンプレックスを感じている様な面があったり、自然な仕上がりを多くの点で期待したいという場合は、自由診療の方で考えた方が良い事も出て来ます。

ちなみに、形成外科の方でも包茎の手術は可能です。形成外科は元の形状に戻す事の専門家ですので、見た目等を気にするという場合は、こっちで手術をした方が良い場合もあります。

ですが、泌尿器科とは違い、性器関係を専門にしているわけではありませんので、機能面の問題までしっかり意識したいという時には、少しの心配がある事も否定出来ません。勿論、医師による手術には変わりありませんので、実績を調べた上で依頼するのでしたら、カバーも十分可能です。

そして、最後が両方の専門医の資格を持ったドクターが在籍する専門病院での手術になります。最も理想的な条件が揃っているとも言えますが、唯一のデメリットは、この条件を揃えた病院の絶対数が少ない事です。基本的には、この3種類が間違いの無い選択肢になると思って下さい。

カントン包茎の治療の値段はどの程度になりますか?

正確に言うならば、カントン包茎を含めた包茎全体の手術の値段という事になりますが、治療総額で大体40,000円~50,000円計算と思って下さい。血液検査代だったり、通院治療費を別枠で差引くならば、手術代自体は大体10,000円程度です。ちなみにこれが適用外の手術になった場合は、手術代のみで50,000円~80,000円が相場ですので、場合によっては10数万円以上は見ておいた方が無理がありません。

後は、注意事項として、この範囲を大きく外れているとしたらその病院での手術は少し思いとどまった方が良い可能性も出ます。包茎手術関連は、個人のコンプレックス等とも関わる関係で、例えば美容整形関連の方等で高額請求関係や手術を焦らせる様な事を言う医師がいる事も残念ながらあります。他にも通常の病院であれば、医師の経歴が明白になっている物ですが氏名部分も曖昧という様なケースも無いではありません。

そういった問題を予防する為に、重要なのは基本的な相場の知識をしっかり理解しておく事です。その上で、アフターケア等も含めて後の対応もしっかり面倒を見てくれる所で受診するのが最良になります。

環状切除法や子供の時のみ適応可能な、背面切開法といった手術以外にも、亀頭直下法や性感帯温存法や両方の特徴を組み合わせた亀頭下性感帯温存法等もありますので、しっかり説明をしてくれる所を探して下さい。

まとめ

カントン包茎は皮で亀頭が締まってしまう特徴がある包茎で、保険適応での手術が可能です。手術が出来るのは泌尿器科と形成外科、両方の特徴を持った専門病院の3択になります。ちなみに総治療費の値段は保険適用で40,000円~50,000円、適用外の場合は手術代のみで50,000~80,000円です。

保険適用の手術の場合は、最低限の機能回復が目的ですので、この手術でも要件を満たせる人も居ないでは無いですが、場合によっては傷跡等が残ったりする事もあります。その問題解決の為には、自由診療の方で診てもらった方が良い事もありますが、その時には相場知識を踏まえた上で慎重な検討をする事をおすすめします。